ストレッチ素材を使用

Published / by 管理者

作業服細身のシルエットの作業服は見た目のスマートさだけでなく、動きやすさについても考えられています。ストレッチ素材が使用されているので、どのような体勢でもスムーズに動くことが出来るのです。ストレッチ効果も持続性がありますので、安心して着続けることが出来るでしょう。さらに、型崩れも防いでいるので、タイトなシルエットをいつまでもキープすることが出来るのです。両肘にはアームタックがありますので、腕の動きもスムーズでしょう。消臭、抗菌テープなどがありますので、ニオイの面でも安心です。

また、作業服は上下で揃えたいものですが、作業服のズボンにも細身のシルエットが登場しています。もちろん、こういったズボンにもストレッチ素材が使用されているので、タイトでありながらスムーズな動きを実現させているのです。女性用のデザインもありますので女性でも安心でしょう。吸汗速乾、帯電防止などの加工も施されているためどのような現場作業にも着用出来ます。

そして、カラーバリエーションも豊富になっており、汚れを目立たせないのであればネイビーやグレーが良いでしょう。そして、清潔感や安心感を与えるのであればグリーンなどのカラーが良いでしょう。

機能面も充実している

Published / by 管理者

フィットする作業服スタイリッシュなイメージを与えることから、細身のシルエットの作業服を選ぶ方が増えています。しかし、細身のシルエットな作業服はファッション性だけでなく、機能面も充実しています。メモや工具を収納出来るポケットが多く、より効率よく作業が出来るようになっているのです。さらに、ウエストにアジャスターが取り付けられているため、より自分の身体にフィットさせて着ることが出来ます。

また、素材によっては縮んでしまうこともありますので、それを考慮してサイズを選ぶと良いでしょう。綿100%はどうしても縮みやすいため、ポリエステルの含まれた素材を選ぶことをおすすめします。綿100%を選ぶ場合はワンサイズ上を選びましょう。

そして、細身のシルエットの作業服はフィット感が重要で、いくらシルエットが良かったとしてもフィット感が悪かったら作業効率が下がってしまいます。作業服は多くのメーカーがあり、メーカーによってサイズが異なるのです。特に初めて細身のシルエットを選ぶ方はこれまでのサイズ選びと異なりますので、試着をしてからの購入をおすすめします。そして、同じメーカーだったとしても、シルエットによってサイズ感やフィット感が変化するので注意しましょう。最後にストレッチ素材についてお伝えします。

細身のジャケットとは

Published / by 管理者

作業服は少しダボダボしたイメージがありますが、そういったダボダボしたシルエットの作業服はどうしてもルーズなイメージを与えてしまいます。そのため、現在は細身のシルエットの作業服が人気となっているのです。

男女腕を上げるカジュアルファッションで細身のシルエットを好む方は大勢いますが、作業服とカジュアルファッションは異なります。現場作業は大きく身体を動かしますので、単に細身のシルエットでは動きが窮屈になってしまうのです。しかし、細身の作業服は人間工学に基づいた加工がされているため、腕の上げ下げもスムーズになっています。そのため、動きづらさを気にして細身のシルエットを避ける方もいますが、そのような心配はありません。

そして、夏場の現場作業は汗が気になってしまい、作業に集中出来なくなることも少なくありません。しかし、メッシュ素材などが使用されているため、ムレを防ぐことが出来るのです。身体が汗でムレてしまうと不快になるだけでなく、動きにくくもなってしまいます。しかし、そういった対策がされているので安心です。また、男女兼用のシルエットとなっていますので、女性も安心して着用することが出来ます。誰もが細身のジャケットで仕事が出来るのです。

細身の作業服で効率アップ

Published / by 管理者

これまでの作業服は少しダボダボしたシルエットが多かったのです。しかし、ダボダボしたシルエットは余裕があるように思えますが、逆にそれが邪魔になって作業効率が下がることもあります。そのため、現在は細身のシルエットの作業服を選ぶ方が増えているのです。それではどのようにして細身のシルエットの作業服を選んだら良いのでしょうか。

パソコン可能であれば試着をしたほうが良いでしょう。実店舗であれば試着も簡単に可能ですが、ネットショッピングの場合はそれが出来なくなってしまいます。しかし、ネットショップによってはサンプルを送ってくれる場合もありますので、そういったサービスを活用しましょう。ホームセンターや作業服専門店で試着をして、その後にネットショップで購入するという方法もあります。

また、自分のサイズについての思い込みはしないようにしましょう。「自分のサイズはMサイズだろう」と思い込んでしまい、これによって採寸や試着をせずにMサイズの作業服を購入する方もいますが、そのようなことはありません。作業服はメーカーによってわずかにサイズが異なりますので、同じMサイズでも着心地は大きく異なるのです。現場作業とは身体を動かしますので、カジュアルファッションのサイズに合わせると動きづらくなることがあります。現在は細身の作業服が人気ですが、その選び方や特徴は難しいもの。そのため、こちらではそういった情報を集めましたので参考にしてください。